気功のブログ

気功を勉強中。西東京。

心の好転反応

最近、ちょっと抑うつ状態になってしまっています。

普段気にならないようなことに過剰に落ち込んだりしてしまうし、行動意欲もおちてしまったり。。。

嫌な気分って、波のように押し寄せては引いてゆくものですよね。

でもぼくの場合、単純な体調の波というのではなくて、気功で特定の練習をすると、こういう抑うつ状態のようなものになることがわかっています。具体的にいうと、頭や脳に特に効果のある練習法です。脳の好転反応が起こると、ぼくは心理的な影響を受けることが多いです。頭痛持ちの方は頭が痛くなったり、という風であるかもしれません。

 

ある程度気功を続けていれば、あれをやったらこうなる、別のをやったらこうなる、というのがパターン的にわかってくるものです。反応が出るたび、自分の身体に弱点がたくさんあって、毒素を溜め込んでしまっているんだなあとしみじみ思います。

脳の毒素が排出されるとき、それに付随して気分が落ち込んでしまうというのは、ある意味不思議なことですよね。気功に頼らなくても、そもそも毒素のたまりが少ない健康な脳は悩みたくても悩む材料を持ち合わせていない、ということかもしれません(笑)

そう考えるとネガティブな人とポジティブな人が分かり合えないのもしょうがないなという感じがしますね。そもそも「もの」が違うんだから。